メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BMW選手権

最終ラウンドは雨天順延となり、明日の天候も微妙な状況(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

BMW選手権 4日目

最終ラウンドは朝から降り続いた雨により順延となった Photo by Hunter Martin/Getty Images

PGAツアー第47戦 BMW選手権/ペンシルベニア州 アロニミンクGC

大雨によりコースはプレー不可能

 BMW選手権最終日のアロニミンクGCは大雨に見舞われ、最終ラウンドの開催は現地時間9月10日月曜日に持ち越された。

MORE:BMW選手権の最新スコアはここをクリック!

 フェデックスカップ・プレーオフ最終戦、ツアー選手権への出場をかけて、フェデックスカップ・ランキング上位30人を決める重要なラウンド。運営側は、天候次第で11日火曜日に決着がずれ込んだとしても、何とか72ホールを消化したい考えだ。

 PGAツアー副社長(規則・大会運営担当)のスラッガー・ホワイト氏は「明日プレーするためには、できることは何でもする。あとは自然次第だ」と述べた。

 PGAツアーの規定によると、月曜日に最終ラウンドが消化できなかった場合でも、少なくともラウンドの半分をプレーしていれば、火曜日に順延することが可能となっている。

「明日、最終ラウンドの半分以上を終えることができれば、火曜日もプレーすることができる。半分以上消化できなかった場合どうなるかについては、現時点ではコメントを控えたい」(ホワイト氏)

 9日日曜日のスタート時刻は朝7時の予定だった。しかし、ホワイト氏が4時45分に現地に到着したときには、すでにかなりの降水量を記録していた。

 プレー開始時間は何度か変更されたが、午後に入って雨足が強まり、とても最終ラウンドをスタートできる状況ではなかった。

 ハリケーン「ゴードン」から変わった熱帯低気圧の影響で、この地域では今週の降水量は3インチ(7.62センチ)以上に達している。

 ホワイト氏は昼の記者会見でこう語った。「コースは雨で荒れた状態になっている。現時点でプレーすることは不可能だ。非常によくない状態なんだ」

 グリーンとバンカーの状態はいいが、いくつかのホールではティーグラウンドやフェアウェイのコンディションが危ぶまれている。

「フロントナインは比較的よい状態にある。バックナインの状態を心配している。フェアウェイやティーボックスはびしょ濡れで大変だよ。ゴルフをプレーできる状態ではない。高潮に向かってショベルで砂を投げ込んでいるようなもの。残念なことだがね」(ホワイト氏)

最終ラウンドが中止になれば、54ホール終了時点で首位に立っているジャスティン・ローズが勝者となる Photo by Keyur Khamar/PGA TOUR

 PGAツアー気象担当のジョー・ハルボーソン氏によると、順延が発表された14時の時点で、降り始めからの降水量は1インチ(2.54センチ)に達した。この日は、その後も雨が続き、コースが乾くことはなかった。

 現時点では、最終ラウンドは月曜朝7時30分、1番と10番の両方から3人1組でスタートする予定だ。最終組のローズ、ロリー・マキロイ、ザンダー・シャウフレは9時20分にプレーを開始する。

 だが、ホワイト氏によると、運営側が月曜日のうちにラウンドの半分を消化できないと判断した場合、最終ラウンドが月曜日に行われることはないという。

 その場合、今大会の結果は54ホール終了時点のリーダーボードで確定する。3日目終了時点で単独首位に立ったジャスティン・ローズが優勝し、ツアー選手権に出場できるランキング上位30人も確定する。

「温暖前線の接近に伴い、昨晩から今日にかけて雨が降り続く見通しだ。明日の朝までにさらに0.5インチ(1.27センチ)から0.75インチ(1.905センチ)の降水量が見込まれる。ただ、前線は明日朝に北に遠ざかると見られており、雨が降る地域はよりまばらになるだろう」(ハルボーソン氏)

 月曜日のプレーが可能になったとしても、午後の早い時間に打ち切られるかもしれない。次の雷雨が近づいてくると予想されているからだ。

 どれだけ早くコースが乾燥するかによるが、天候次第で月曜日にプレー可能な時間帯は、東部時間8時から14時までとなる。

「雨雲の発達に時間がかかり、雷雨が来る時間帯が後ろにずれる可能性もある。14時が絶対的な期限だとは考えていない。嵐が強まるまで、もう少し時間を稼ぐことができるかもしれない」(ハルボーソン氏)

最終ラウンドが中止になれば、キーガン・ブラッドリーがフェデックスカップ・ランキング30位でツアー選手権出場が決まる Photo by Keyur Khamar/PGA TOUR

 レギュラーシーズンの後に4戦行われるフェデックスカップ・プレーオフでは、なおさら72ホールをフルに消化させたい。

 試合を重ねるごとに、フェデックスカップ・ランキング下位の選手が脱落していくシステムになっている。

 第3戦のBMW選手権には69人が出場したが、最終日を終えた時点でランキング30位以内の選手のみが最終戦のツアー選手権に進出し、フェデックスカップ王者を狙うことができる。

「30位、31位、32位といった境界線上にいる選手たちは、2週間後(のツアー選手権で)プレーすることをノドから手が出るほど望んでいる。我々も、彼らにプレーしてほしいと願っている」(ホワイト氏)

 ツアー選手権まで進むことができれば、メジャー大会への招待など、ほかのメリットもたくさん得ることができる。来季のスケジュールも立てやすくなる。

 キーガン・ブラッドリーは3日目の最終ホールで、2メートルのパーパットを入れ、ツアー選手権進出の望みをつないだ。今大会開幕前、ランキング52位につけていたブラッドリーは、3日目終了時点で30位まではい上がってきた。

 ブラッドリーにとって、ツアー選手権への出場は「悲願」だった。最終ラウンドが行われなければ、ブラッドリーのツアー選手権出場は確定する。

最終ラウンドが中止になれば、フェデックスカップ・ランキング31位のジョーダン・スピースは今大会でプレーオフ敗退となる Photo by Drew Hallowell/Getty Images

 その場合、2015年のフェデックスカップ王者であるジョーダン・スピースは31位にとどまり、プロ人生で初めてツアー選手権への出場を逃すことになる。

 スピースの今大会スタート前のランキングは27位だった。スピースは最終ラウンドが行われ、30位以内に滑り込むことを願っている。

「(ツアー選手権に)何が何でも位出場したい」(スピース)

 3日目終了時点のリーダーボードのまま今大会が終了すれば、ローズは今季3度目の優勝を飾ることになる。

 ローズはフェデックスカップ・ランキングは2位に浮上するばかりか、プロ人生で初めて世界ランキング1位の座を獲得することになる。

「ボクはもちろん、2日間、雨が降り続くことを願っているよ」と、ローズは冗談めかして語った。

 フェデックスカップ・ランキング1位は、フェデックスカップ・プレーオフ第1戦と第2戦で連勝したブライソン・デシャンボーに確定している。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです