メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

パレスチナ代表部閉鎖方針 和平交渉へ圧力か

 【ワシントン鈴木一生、高本耕太】米国務省は10日、ワシントンにあるパレスチナ解放機構(PLO)の総代表部(大使館に相当)を閉鎖させると発表した。理由として、パレスチナ側がイスラエルとの中東和平交渉に踏み出さず、米国の仲介を拒否していることなどを挙げた。パレスチナ側に圧力をかけ、米主導の和平交渉に応じさせる狙いがあるとみられる。

 トランプ米政権は親イスラエルの立場を鮮明にしている。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです