メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

野村万作 言葉の味わい伝える シェークスピア狂言「法螺侍」

 新作狂言「楢山節考(ならやまぶしこう)」を再演し、装束をつけない袴(はかま)狂言形式で得意とする「釣狐(つりぎつね)」をつとめるなど、87歳にして旺盛な活動を展開する狂言師、野村万作。11月に「万作を観る会」で、シェークスピア喜劇を翻案した「法螺侍(ほらざむらい)」を2009年以来、約10年ぶりに上演する。

 原作は太っちょで遊び人の騎士フォルスタッフを主人公にした「ウィンザーの陽気な女房たち」。シェークス…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです