メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

たった1日でも争い・戦争のない日を 広がれ「ピースデー」 まず関心向け、行動起こそう

「ピースデー2018」でステージに立ったジェレミー・ギリ-さん(中央)と、「ピースデー・ジャパン」の共同代表たち=千葉市美浜区の幕張海浜公園で2日、関根さん提供

 「たった1日でもいいから、争いや戦争のない日を」と一人のイギリス人が国際社会に働きかけた。そして国連が全会一致で定めたのが9月21日の国際平和デー(通称・ピースデー)。この日を日本でも浸透させようと、初の大規模イベントが今月開かれた。主催者によると、参加者はなんと6500人以上。このイベント、来年は10倍の入場者を目指している。【小松やしほ】

 千葉市美浜区の幕張海浜公園で2日開催された「ピースデー2018」。四つのステージが設けられ、平和に関するトークや講演のほか、人気ロックバンド「MONKEY MAJIK」や歌手の一青窈さんらのライブが披露された。そして夕闇が迫る中、特設ステージに現れたのが、ジェレミー・ギリーさん(49)。ピースデー制定の立役者だ。この日を世界に広めるため123カ国を訪れているが、来日は初めて。国際NGO「ピース・…

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです