メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 中島国彦さん 感情の起伏と重なる

 ■漱石の地図帳--歩く・見る・読む 中島国彦(なかじま・くにひこ)さん 大修館書店・2268円

 夏目漱石の作品には印象的な場面で坂が出てくる。小説「それから」で主人公の代助は東京の牛込見附(現・飯田橋付近)から、思いを募らせる人妻の住む小石川の高台に「灯影」を認め、坂を上っていく。「こころ」の先生は、友人を出し抜いて結婚を申し込んだ後、散歩に出て4回も坂を下ったり上ったりする。

 「描かれている地形は、登場人物の感情の起伏と重なっています」

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです