メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 中島国彦さん 感情の起伏と重なる

 ■漱石の地図帳--歩く・見る・読む 中島国彦(なかじま・くにひこ)さん 大修館書店・2268円

 夏目漱石の作品には印象的な場面で坂が出てくる。小説「それから」で主人公の代助は東京の牛込見附(現・飯田橋付近)から、思いを募らせる人妻の住む小石川の高台に「灯影」を認め、坂を上っていく。「こころ」の先生は、友人を出し抜いて結婚を申し込んだ後、散歩に出て4回も坂を下ったり上ったりする。

 「描かれている地形は、登場人物の感情の起伏と重なっています」

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです