メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 中島国彦さん 感情の起伏と重なる

 ■漱石の地図帳--歩く・見る・読む 中島国彦(なかじま・くにひこ)さん 大修館書店・2268円

 夏目漱石の作品には印象的な場面で坂が出てくる。小説「それから」で主人公の代助は東京の牛込見附(現・飯田橋付近)から、思いを募らせる人妻の住む小石川の高台に「灯影」を認め、坂を上っていく。「こころ」の先生は、友人を出し抜いて結婚を申し込んだ後、散歩に出て4回も坂を下ったり上ったりする。

 「描かれている地形は、登場人物の感情の起伏と重なっています」

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです