メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「遊廓に泊まる」ほか

 ■遊廓(ゆうかく)に泊まる(関根虎洸(ここう)著・新潮社・1728円)

 1958年、売春防止法が完全施行されて「遊廓」は消えた。以来60年、多くが取り壊される中、著者は20の元遊廓を取材した。青森県八戸市から山口県萩市、中国・大連まで。港町や門前町、繁華街と場所はさまざま。旅館などに転業し独特の建築と雰囲気を今に伝える。往時を知る人へのインタビューもあり、旅のガイドにもなる。(栗)

 ■敗北力 増補版(鶴見俊輔著・編集グループSURE・3240円)

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです