メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

宝塚歌劇団演出家 柴田侑宏の「あかねさす紫の花」 前に進む姿勢、定まった

=兵庫県宝塚市で2015年、出水奈美撮影

 「うたかたの恋」「琥珀(こはく)色の雨にぬれて」「哀(かな)しみのコルドバ」など、宝塚歌劇団が宝として守り継ぐ数々の名作を生み出してきた。在団60年、劇団の重鎮、柴田侑宏(ゆきひろ)が自身の原点として挙げるのが「あかねさす紫の花」。1976年、榛名(はるな)由梨と安奈淳という2人の人気男役スターを擁する花組のために書き下ろした。

 物語の舞台は飛鳥時代。中大兄皇子(なかのおおえのみこ)は、仲むつまじく暮らしていた弟の大(おお)海…

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2062文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです