メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

宝塚歌劇団演出家 柴田侑宏の「あかねさす紫の花」 前に進む姿勢、定まった

=兵庫県宝塚市で2015年、出水奈美撮影

 「うたかたの恋」「琥珀(こはく)色の雨にぬれて」「哀(かな)しみのコルドバ」など、宝塚歌劇団が宝として守り継ぐ数々の名作を生み出してきた。在団60年、劇団の重鎮、柴田侑宏(ゆきひろ)が自身の原点として挙げるのが「あかねさす紫の花」。1976年、榛名(はるな)由梨と安奈淳という2人の人気男役スターを擁する花組のために書き下ろした。

 物語の舞台は飛鳥時代。中大兄皇子(なかのおおえのみこ)は、仲むつまじく暮らしていた弟の大(おお)海…

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです