メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「将軍 SHOGUN」撮影隊は、1979年8月に三重・紀伊長島での2カ月に及ぶロケを無事終えた後、各地を回った。彦根城や宇治などでロケ撮影をし、京都の東映、松竹、大映の各撮影所でセットを組んだ。大映京都撮影所では、A2スタジオをいっぱいに使って大坂城大広間が組まれた。馬場正男にとっては勝手知ったる我が家だったが、ここでも製作費のかけ方が違う。久しぶりに思い切った仕事ができたのだった。

 撮影隊で、美術監督の西岡善信の一番下の助手に、現在美術監督として一線に立つ部谷京子がいた。武蔵野美…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです