メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

秩父宮杯は「彩北」に 県自転車競走大会に523人 /埼玉

 第66回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会(県などでつくる実行委員会主催、毎日新聞社など後援、キヤノン電子特別協賛)が9日、秩父市内で開かれ、9部門で計523人が参加した。エリート団体部門は「彩北ツブラーゼ」が優勝して秩父宮杯を獲得。高校生上級は川越工業が制し、エリート個人1位の岩島啓太選手(MIVRO)に毎日新聞社杯が贈られた。【松山彦蔵、鈴木拓也】

 競技に先立ち、エリートと高校生上級、一般上級の3部門の開会式が秩父鉄道秩父駅前であった。高校生上級…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです