メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柏崎刈羽原発

再稼働 知事、丁寧な議論を メンバー出方注視 就任後初の検証委 /新潟

 東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働問題で、県が再稼働判断の前提とする「三つの検証」を担う委員会の一つ「避難委員会」の第4回会合が10日、県庁で開かれた。花角英世知事が6月に就任して以来、初の検証委。花角知事は「検証が終わるまでは再稼働の議論はしない」としているが、再稼働推進を掲げる自民党の支持を受けて当選しただけに、検証委のメンバーたちは花角知事の出方を注視している。【堀祐馬】

 「(検証委の)枠組みを維持して避難方法への議論を深めてほしい」。この日4時間強行われた避難委に約1…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文784文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  4. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  5. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです