メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川上善兵衛

「日本のワインぶどうの父」出身の上越で生誕150年記念トーク 「不屈の精神を学んで」 /新潟

 上越市に生まれた「日本のワインぶどうの父」、川上善兵衛(1868~1944年)の生誕150年を記念したトークセッションが9日、上越市内で開かれ、川上の意志の強さや川上を支えた人の輪が紹介されるとともに、その功績と精神をどう後世に伝えていくかを話し合った。【浅見茂晴】

 川上は国産ワインの開発やワイン用ぶどうの品種改良に生涯をささげ、マスカット・ベーリーAなど、日本の風土に適した優良22品種を開発し、国産ワインの礎を築き上げた。今年が生誕150年に当たり、川上が創業した岩の原葡萄園と市、関係者らで「川上善兵衛生誕150年記念事業実行委員会」を設立、各記念事業とトークセッションを主催した。

 まず、川上研究家の桑原圭司さんが「ワイン造りに生涯を捧(ささ)げた男、川上善兵衛」と題して基調講演…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文813文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです