メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽市

「三ツ島」を観光資源に 地質探検ツアー実施 /三重

 鳥羽市エコツーリズム推進協議会は10日、鳥羽湾(鳥羽市)のランドマークとして知られる「三ツ島」の地質探検ツアーを行った。接した2種類の岩脈(がんみゃく)が露出する珍しい光景が確認されるなど、同協議会は「今後の観光に役立てたい」と張り切っている。

 ツアーは、三ツ島の新たな魅力を探すため企画された。強い雨が降りしきる中、ガイド団体のメンバーや、ガイドボランティア、市観光協会職員ら10人と、県総合博物館の嘱託学芸員、津村善博さん(70)と鳥羽恐竜振興会の山下直樹事務局長(70)が講師役として参加した。

 三ツ島は同市小浜町の約500メートル沖で、南北に飛び石のように三つの無人島が並ぶ。直径20~30メ…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです