メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄遠社書展

公募入賞作など1523点 あすから天王寺で /大阪

 第68回玄遠社書展(毎日新聞社など後援)が12日(水)~17日(月・祝)、大阪市天王寺区茶臼山町1の市立美術館地下展覧会室で開かれる。玄遠社会長で毎日書道会評議員の小林琴水さんの作品「蓮」をはじめ、毎日書道展名誉会員の小伏竹村さんの作品や公募部門の入賞作品など1523点を展示。前会長、恩地春洋さんの遺墨展も開催する。入場無料。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。問い合わせは玄遠社(06・6628・5608)。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです