メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大杉漣さん

もう一度 最後の主演映画「教誨師」 古里小松島で27日先行試写会 /徳島

 小松島市出身の俳優で今年2月に66歳で亡くなった大杉漣(れん)さん最後の主演作「教誨師(きょうかいし)」の特別先行試写会が、大杉さんの誕生日の27日、地元の小松島市ミリカホールで開かれる。主催者は、県内在住の100組200人を招待する。【高橋哲治】

 教誨師は、受刑者に道徳心をつけさせ、心を救済し、改心できるよう導く。大杉さんが演じる主人公の教誨師は、6人の死刑囚と向き合う中で、自分自身も忘れ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです