メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

思い出を家族に

山すそから田んぼにかけて家が土砂に押し流され住民が亡くなった現場で、衣類や日用品、犠牲者の名前が書かれたノートなど遺品を集める自衛隊員=北海道厚真町で2018年9月10日午後2時43分、和田大典撮影

 震度7の揺れに襲われ、土砂崩れで多数の人が命を落とした北海道厚真町吉野地区で10日、土砂に押しつぶされた家の周辺で犠牲者の遺品などを集める自衛隊員の姿があった。

     小雨の中、衣類や日用品、犠牲者の名前が書かれたノートなどが集められ、水をつけたタオルで隊員が一つずつ泥を拭いてきれいにした。作業にあたった隊員は「写真やアルバムなど思い出が詰まった物は特に丁寧に扱い、家族のもとに返したい」と話した。【写真・文 和田大典】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
    2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
    3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
    4. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
    5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです