メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

苫東厚真の火力2基、地震直後に自動停止

[PR]

 北海道電力(北電)は10日、北海道全域を襲った停電の原因となった苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(北海道厚真町)で、実地調査を始めたと発表した。同発電所にある発電設備3基のうち、2号機と4号機が震度7の揺れを感知して地震直後に自動停止し、道内にある他の発電所3カ所に負荷がかかって「ブラックアウト」につながったことが判明した。

 北電などの説明によると、地震前は4発電所で計252・5万キロワットを発電していたが、地震直後の6日午前3時8分ごろ、半分以上の130万キロワットを発電していた2、4号機が自動停止した。このため道内全域の電力の需要と供給のバランスが崩れ、17分後の同25分ごろ、他の知内・伊達・奈井江の各発電所が同時に停止し、全域で電力の供給が止まった。道内各地を自動的に停電させ、需要を遮断する「負荷遮断」も追いつかなかったとみられる。1号機(35万キロワット)は地震から約17分後に停止したが、原因は不明で調査を続ける。【野原寛史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです