メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

アベノミクス舌戦 地方の党員票意識

自民党総裁候補の主張

 安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による自民党総裁選の論戦が10日、始まった。政権発足から5年8カ月余りの実績を強調した首相に対し、石破氏は経済政策「アベノミクス」の負の側面に焦点を当て、首相との違いを出そうと努めた。一方、学校法人「森友学園」「加計学園」問題では互いに抑制的な発言が目立ち、初戦から地方の党員票を意識した互いの思惑がぶつかり合った。【浜中慎哉、小田中大】

 10日の共同記者会見で最初に発言した安倍首相は経済政策が争点だと述べ、「(アベノミクスの)三本の矢…

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1785文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです