メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

アベノミクス舌戦 地方の党員票意識

自民党総裁候補の主張

 安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による自民党総裁選の論戦が10日、始まった。政権発足から5年8カ月余りの実績を強調した首相に対し、石破氏は経済政策「アベノミクス」の負の側面に焦点を当て、首相との違いを出そうと努めた。一方、学校法人「森友学園」「加計学園」問題では互いに抑制的な発言が目立ち、初戦から地方の党員票を意識した互いの思惑がぶつかり合った。【浜中慎哉、小田中大】

 10日の共同記者会見で最初に発言した安倍首相は経済政策が争点だと述べ、「(アベノミクスの)三本の矢…

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです