メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

松竹新喜劇、どんな劇団? 上方ルーツ、創立70年 人情泣き笑い売り=回答・畑律江

松竹新喜劇創立70周年記念公演より「人生双六(すごろく)」。藤山扇治郎(右)と植栗芳樹=松竹提供

 なるほドリ 今年で創立70周年を迎える喜劇団(きげきだん)が大阪にあるって聞いたけど。

 記者 今、大阪・道頓堀(どうとんぼり)の大阪松竹座で記念公演中(~12日)の松竹新喜劇ですね。上方の歌舞伎(かぶき)役者だった曽我廼家(そがのや)五郎(ごろう)と十郎(じゅうろう)が「笑う芝居」を志し、1904(明治37)年に道頓堀で旗揚げした一座がルーツです。日本最初の喜劇団でした。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです