メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

日中平和友好条約40周年 覇権許さぬ法の支配を=東京大公共政策大学院長・高原明生

日中平和友好条約締結40周年記念行事で乾杯する李克強中国首相(左)と安倍晋三首相=東京都内で5月10日、根岸基弘撮影

 年配の方なら、1978年10月に実現した当時の中国の実力者、トウ小平氏の来日を記憶している人も多いことだろう。トウ氏は同年8月に調印された日中平和友好条約の批准書を日本側と交換し、昭和天皇とも会見した。さらには新幹線に乗り、近代的な大工場をいくつも視察して、中国の近代化への日本側の支援を依頼した。

 72年の日中共同声明で国交は正常化されていたが、日中間のつり橋がこれで鉄橋になった、というのが当時の福田赳夫首相の評価だった。日中平和友好条約が、90年代の初めまで続く両国の蜜月の本格的な始まりを告げたのである。

 日中平和友好条約の眼目は、覇権に反対し、紛争を平和的な手段で解決することであった。覇権とは何か。中…

この記事は有料記事です。

残り2562文字(全文2869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです