メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

変わる上海に興味・関心を=片山和之・上海総領事

 2015年8月に上海に赴任して3年が過ぎた。1980年代前半の北京留学を皮切りに5度目の中国滞在となる。初めての中国南部での勤務だが、上海にいると北京とは異なる日中関係の一面が見えてくる。上海は地方自治体や経済、文化面で、中国との交流のゲートとして極めて重要な役割を果たしている。今年は日中平和友好条約締結40周年、また中国の改革開放政策の実施から40周年という節目に当たり、関係が改善基調にある中、上海で起きているさまざまな変化に一層関心を高める必要がある。

 上海と日本の結びつきは強い。在留邦人数、日系企業の拠点数、日本人学校の生徒数のどれをとっても世界最…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです