メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

共同記者会見 要旨

自民党総裁選の記者会見で質問に答える安倍晋三首相(右)と石破茂元幹事長=党本部で2018年9月10日午前11時53分、川田雅浩撮影

 --森友・加計学園問題などがある中、望ましい政治姿勢をどう考えているか。

 石破氏 信頼回復をしていかないと、政府のやる大改革に国民が共感しない。政府は信じられるもの、と思ってもらうために(政治・行政の信頼回復)100日プランを実行する。官邸で本当に国家国民のために働く官僚が登用される仕組みを作る。誰がどのように会うのかルールを明確にする。記録は作り、残さねばならない。政治の過度の介入で官僚が萎縮する体制では、官僚が国民のために働くことにならない。

 首相 かつては縦割りで「省益あって国益なし」と言われていた。各省が人事権を持ち、新政権の政策目標に…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです