メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

死者数食い違い、菅氏「公表に時間差」

[PR]

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、北海道地震の犠牲者数などが政府発表と北海道の発表で異なることについて「情報を把握して公表するまでにタイムラグ(時間差)があるためだ」と説明した。

 菅氏によると、政府は被害の早期把握のため警察、消防などの最新の数字を集約して発表。道については「関係機関から(情報が)上がる間にタイムラグがあり、(一時的に)違うことはあり得る。最終的に同じ数字になると思う」と述べた。

 今回の地震では安倍晋三首相が7日午前の関係閣僚会議で死者を「16人」と発言したが、午後に菅氏が「死者9人と心肺停止7人」に訂正。その後も首相官邸の発表の方が北海道より多い事態が続いていた。【高橋克哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 芦屋にニホンザル 消防本部倉庫で捕獲後、六甲山に運ぶ途中で死ぬ

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです