メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

大坂なおみ選手の快挙 さらなる成長が楽しみだ

[PR]

 世界の頂への階段を一気に駆け上り、日本スポーツ界に新たな歴史を刻んだ。

 テニスの全米オープンで大坂なおみ選手が初優勝した。4大大会のシングルスを日本選手が制するのは初めての快挙である。

 決勝では観客の多くが、昨年9月の出産から復帰したセリーナ・ウィリアムズ選手(米国)の優勝を期待した。大坂選手には完全敵地の状況だったが、幼い頃からの憧れだった選手を圧倒した。

 審判への度重なる抗議でウィリアムズ選手が不利に立たされると、観客は審判に大ブーイングを発し、ウィリアムズ選手を後押しした。異様な雰囲気にも自身を見失わず、集中力を切らさなかったのは立派だ。

 表彰式でのスピーチも感銘を与えるものだった。大坂選手は、ウィリアムズ選手に大声援を送った観客を気遣ったうえで、試合を見続けてくれたことへの感謝を語った。

 そして「プレーをしてくれてありがとう」と敗者を敬った。素直で飾らない人柄が表れていた。

 大阪市出身で、ハイチ系米国人の父と日本人の母との間に生まれた。180センチの長身からの高速サーブや強烈なショットといった力強さは、これまでの日本女子にないものだ。

 課題だった精神面の波は、今季師事するドイツ人コーチとともに克服した。覚えたのは「我慢」である。これまで頼ってきた力を制御して、好機をうかがう忍耐力を養った。短期間でコーチとの信頼関係を築けたことも優勝の大きな要因だろう。

 大坂選手の活躍は、日本人観をあらためて考える機会となった。

 3歳で米国に移り、日米双方の国籍を持つ。日本語はある程度聞き取れるが、話すのはまだ苦手だ。しかし「心は日本人に近い」と日本選手としてのプレーを選んだ。

 大会中も海外メディアからアイデンティティーについて問われると、「私は日本の文化の中で育った」と愛着を口にした。人種や言葉の共通性だけではくくれない、新しい日本人像を大坂選手は示している。

 2年後の東京五輪に日本代表として出場する意欲を語っている。何より20歳という若さである。もっと強くなる可能性があり、さらなる成長が楽しみだ。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです