メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第62回学生本因坊決定戦 岡田健斗-栗田佳樹 決勝の1

 <岡田健斗(中京大)-栗田佳樹(東京理科大)>

手がかかり過ぎ

 学生碁界のみならずアマ碁界の絶対王者、大関稔さん(専修大4年)が本大会決勝進出を逃した。天敵が出現したからである。栗田佳樹さん(東京理科大1年)がその人で、両者は準決勝でぶつかった。序盤早々パンチを決めた栗田さんが、大関さんの猛追を冷静に対処して振り切った。ちなみに本大会直前のアマ名人戦三番勝負で、栗田さんは大関さんからタイトル奪取に成功していた。

 もう一方のヤマから勝ち上がってきたのは岡田健斗さん(中京大4年)で「1回戦から厳しい戦いの連続でし…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです