メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第62回学生本因坊決定戦 岡田健斗-栗田佳樹 決勝の1

 <岡田健斗(中京大)-栗田佳樹(東京理科大)>

手がかかり過ぎ

 学生碁界のみならずアマ碁界の絶対王者、大関稔さん(専修大4年)が本大会決勝進出を逃した。天敵が出現したからである。栗田佳樹さん(東京理科大1年)がその人で、両者は準決勝でぶつかった。序盤早々パンチを決めた栗田さんが、大関さんの猛追を冷静に対処して振り切った。ちなみに本大会直前のアマ名人戦三番勝負で、栗田さんは大関さんからタイトル奪取に成功していた。

 もう一方のヤマから勝ち上がってきたのは岡田健斗さん(中京大4年)で「1回戦から厳しい戦いの連続でし…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです