メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

望郷の念、帰還見えず 「取り残された」心迷い(その1)

避難指示区域の6町村の現状と特定復興再生拠点区域

福島6町村、避難指示区域に復興拠点

 東京電力福島第1原発事故で福島県内11市町村に出された避難指示は、原発立地の大熊・双葉両町を除く9市町村で順次解除された。しかし、放射線量の高い帰還困難区域が7市町村で残り、原発事故から7年半の今も立ち入りは制限されたままだ。帰還困難区域に人が住める日を目指して、6町村は「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の計画を策定した。しかし、避難指示の解除目標は2022年春から23年春までとまだ先で、帰還を望む住民たちは「取り残された」との思いを抱く。

この記事は有料記事です。

残り2986文字(全文3227文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです