メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 いのちの森をつくる/5 防災+地域の核=細川護熙

海岸地帯に植えられた苗木。これからどのような森に育ってゆくのだろうか=宮武祐希撮影

 いのちの森をつくる運動は、地域づくりの一つだと思います。コンクリート防潮堤のように津波や高波を防ぐ機能としてだけでなく、どんな森にするのか、どのように親しんでもらうのかといった視点も大切です。

 1983年2月~91年2月までの2期8年間、熊本県知事を務めさせてもらいました。就任当時、隣の大分県では平松守彦知事が「一村一品運動」を展開していました。各市町村がそれぞれ特産品を一つ育てるという地域活性化策で、覚えている方も多いでしょう。

 負けてはいられないと、私も各自治体でなにかひとつ得意技、ナンバーワンをつくる「日本一づくり運動」や…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  5. 墜落の737MAX、ソフトにまた不具合 運航再開遅れる可能性 ボーイング公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです