メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

流行をボトムスに 落ち着いた色味、試して

<1>

 ボルドーやマスタード、深いグリーン--秋冬ものの並ぶ店頭は、鮮やかに彩られている。ヒョウなどアニマル柄も人気だ。これらの流行を大人が上手に取り入れる方法を提案する。

 「ちょっとした差し色ではなく、鮮やかな色柄を前面に出したアイテムが多いのがこの秋冬の特徴です」と、高島屋のMD本部バイヤー、大久保恵美さんは話し、こうしたトレンドをスカートやパンツのボトムスに取り入れることを勧める。顔の近くに持ってくると、顔とのバランスを考える必要があり、普段使っている口紅の色が合わない、といった悩みも出てくる。その点、ボトムスなら心配無用だ。「似合わないと感じている色もスカートやパンツで試してみてください」

 例えば写真[1]のパンツ。「ピンクのパンツ」と聞くと買うのに抵抗を感じるかもしれないが、ピンクでも…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです