メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出会いの季語

プランター物語=高田正子

 今朝も朝顔が猛然と咲いた。数えてみたらざっと六十余り。プランター一個分としては、かなりの多産と言えるのではなかろうか。今年はおかしな天候が続くが、立秋の八月七日には、たしかに秋が立った。そしてわが家の朝顔は、まさにその朝から、猛々しいほどに花をつけ始めたのだった。

 朝顔は秋の歳時記に載る花である。夏休み(=八月=秋)の観察日記の花だからと気持ちに辻褄を合わせてきたが、今年は何の無理もなく秋の花であることを体感した。

 朝顔を秋の花とぞうべなひし 能村登四郎

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです