メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

『塩の行進』のこころ=酒井佐忠

 春日いづみの最新歌集『塩の行進』(現代短歌社)を手にする。歌人は聖書翻訳にとり組む敬けんなクリスチャン。長く岩波ホール上映作品のシナリオ採録も続けてきた。すべての人間に向ける差別のない眼差(まなざ)しと祈りをこめた一巻だ。

 <三月の春のあけぼの杖を手にガンジーの発ちし「塩の行進」>。歌集名になった一首。1930年3月、マハトマ・ガンジーは英国植民地政府による塩の専売に反対した。インド人による塩の生産の自由化を求めて、南部の海岸を目指して支援者たちと380キロの…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. 桜田氏発言 PC使わぬサイバー担当 海外メディア報じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです