メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

500円の小遣い 長崎県大村市・岩瀬五十鈴(67歳)

 昭和40(1965)年ごろ、私は島に住んでいた。石炭の島で炭鉱関係者を中心に多くの人が生活していた。島の学校は中学までで、私の同級生の大半は集団就職で島から離れていった。

 私は仲の良かった友達数人と船と汽車を乗り継いで高校へ通うのが楽しみだった。そんな中、同じ高校に通う親たちが集まり、子供たちの小遣いを1カ月500円と決めたらしい。

 高校1、2年の時はその小遣いで過ごせたが、高校3年になると補習も増え、帰りも遅くなる。腹もすき、帰…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです