メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

苫東発電所、全面復旧は11月

北海道電力苫東厚真火力発電所=2013年6月24日、本社ヘリから梅田麻衣子撮影

[PR]

 世耕弘成経済産業相は11日の閣議後記者会見で、停止中の北海道電力苫東厚真火力発電所1、2、4号機(北海道厚真町、出力計165万キロワット)の再稼働が早くても9月末以降になるとの見通しを示した。全面復旧は11月以降となる。当初は再稼働まで「1週間以上」としていたが、さらに2週間以上ずれ込むため、道内の家庭や企業に求めている節電も長期化することになる。

 世耕氏によると、1号機は9月末以降、2号機は10月中旬以降、4号機は11月以降に、それぞれ再稼働する見通しだと10日夜に北電から報告を受けた。併せて、京極水力発電所(北海道京極町)のうち、定期点検中の2号機(出力20万キロワット)を今月14日、修理中の1号機(同)を同21日に稼働させることも報告があったという。

 再稼働は遅れる見通しだが、世耕氏は「京極2、1号機が予定通り稼働すれば、継続的な節電が前提ではあるものの、計画停電のリスクは低下する」と述べた。その上で、当面は京極2号機が稼働する14日まで、引き続き2割を目標に節電に取り組むよう、道内の家庭や企業に求めた。【和田憲二】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです