メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きのこvsたけのこ

「たけのこの里」が“総選挙”で勝利

「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」に勝利した党を発表する選挙委員長で、アイドルグループ「嵐」の松本潤さん=東京都渋谷区の「ラフォーレ原宿」で2018年9月11日、大村健一撮影

 「どちらがおいしいか?」を巡って、発売から約40年にわたり消費者の間でたびたび論争となってきた明治(東京都中央区)のチョコレート菓子「きのこの山」と「たけのこの里」について、投票で雌雄を決する「国民総選挙2018」の開票結果が11日、東京都内で発表された。「たけのこ党」が693万1220票で、「きのこ党」の676万1773票を僅差で上回った。「たけのこ党」は、01年に行われた前回選挙に続き勝利を収めた。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 両者の融和を図る目的で、今回の選挙から「新党」として登場した「どっちも党」は223万8204票だった。結果発表会には、選挙全体をつかさどる「委員長」を務めた人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さんも登壇。「たけのこ党はやはり強かったし、きのこ党の頑張りも高く評価しています。何より、投票総数が多くて、総選挙への関心の高さに驚かされました」と話した。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです