メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

教訓、伝え続ける 犠牲者しのび法要

 東日本大震災から7年半を迎えた11日、津波で甚大な被害を受けた福島県いわき市平薄磯地区の慰霊碑前で、地元の僧侶たちが法要を開いた。慰霊碑が完成した2017年3月以降、月命日に合わせて開催し、犠牲者をしのんできた。

 地区の寺院近くにある碑には、津波で命を失った約120人の名前とともに「大きな地震が来たらすぐに避難する」との教訓が刻まれ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  3. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  4. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  5. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです