メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
風疹急増

昨年の4倍 患者362人に、首都圏で流行

 国立感染症研究所は11日、今年の風疹の患者数が2日までの集計で362人になったと発表した。既に昨年1年間の4倍近くに達し、依然として東京都や千葉県など首都圏での感染が目立っている。

 2日までの1週間の報告数は75人。内訳は東京都が28人、千葉県が11人、神奈川県が8人、愛知県が7人、茨城県と埼玉県が5人などだった。前週の報告数の97人から減少したが引き続き高い水準だ。

 風疹はくしゃみやせきで感染する。妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんが難聴や心臓病、白内障になるリ…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文520文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです