メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪
はやぶさ2

探査ロボット、13年前の失敗を取り戻せるか

はやぶさ2に搭載するミネルバ2の1(右)と、はやぶさに搭載されたミネルバ(左)の違いについて説明する吉光徹雄・宇宙航空研究開発機構准教授=東京都千代田区で2018年9月5日、永山悦子撮影

リュウグウ9月21日着陸 開発の吉光JAXA准教授らに聞く

 リュウグウを探査する「はやぶさ2」は13年前の失敗を取り戻せるか--。9月21日、はやぶさ2は小型探査ロボット「ミネルバ2」のうち2台をリュウグウへ着陸させる計画だ。開発した吉光徹雄・宇宙航空研究開発機構(JAXA)准教授は「ロボットがやることだから意気込んでも仕方ない」と冷静だが、初号機「はやぶさ」は2005年、同様のロボットを小惑星へ着陸させることに失敗した。「今度こそ、ロボットが小惑星の表面を間近から撮影した画像が届いてほしい」と期待が膨らむ。【永山悦子】

 ミネルバ2には、JAXAが中心となって開発した「ミネルバ2の1」の2台と、東北大など5大学が協力し…

この記事は有料記事です。

残り4877文字(全文5190文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです