メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表
2018自民党総裁選

安倍氏「自衛隊明記」 石破氏「地方創生」

自民党総裁選に向けた共同記者会見の冒頭で握手を交わす石破茂元幹事長(左)と安倍晋三首相=東京都千代田区の同党本部で2018年9月10日午前10時58分、渡部直樹撮影

 自民党総裁選に立候補した安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)は10日、北海道地震で延期していた党本部での所見発表演説会と共同記者会見に臨んだ。首相は演説会で、2012年末の第2次安倍内閣発足後、経済が成長し雇用が拡大したことを挙げ「まっとうな経済を取り戻すことができた」と訴えた。石破氏は、企業が稼ぎを人件費に回した割合を示す17年度の労働分配率が43年ぶりの低水準になったことを問題視し、経済政策「アベノミクス」の修正を求めた。

 共同会見で首相は、15年に打ち出したアベノミクスの「新三本の矢」のうち、国内総生産(GDP)は順調…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです