メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日露首脳会談

共同経済活動実現に向け協議加速確認へ

日露首脳会談に先立ち握手を交わす安倍首相(左)とプーチン大統領=ウラジオストクで2018年9月10日、AP

ロシア・ウラジオストク 通算で22回目の会談

 【ウラジオストク小山由宇、大前仁】安倍晋三首相は10日(日本時間同日)、ロシア極東のウラジオストクを訪れ、プーチン大統領と会談した。北方領土での共同経済活動の実現に向け協議を加速する方針を確認。領土問題の解決と平和条約締結への意欲を改めて伝える考えだ。

 会談冒頭、首相は「歴史的な課題である平和条約の問題についてじっくり話し合いたい」と述べた。プーチン氏は「防衛分野も含めて我々の関係は前進している。人的交流も発展している」と呼びかけた。両首脳の会談は5月のモスクワ以来で、通算22回目…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. アディオス「神の子」 フェルナンドトーレスが引退試合 イニエスタらと競り合う

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです