メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
日露首脳会談

「特別な制度」創設 ロシア側が難色

 【ウラジオストク小山由宇、大前仁】安倍晋三首相は10日の自民党総裁選の所見発表演説会で「戦後日本外交の総決算を行う」と宣言し、そこに北方領土問題の解決が含まれていることを明確にした。だが、領土問題の解決に向けた糸口は見えていない。交渉はむしろ停滞している印象が否めず、政府内から戦略の練り直しを求める声も上がる。

 これまで安倍首相は、日露の信頼関係を深めつつ、領土問題を解決する「新しいアプローチ」を提案。領土返還後もロシア住民に居住権を認め、両国民が「共存共栄」する姿を目標とした。その入り口と想定しているのが共同経済活動だ。しかし、活動の前提となる双方の法的立場を害さない「特別な制度」の創設にロシア側が難色を示し暗礁に乗り上げているというのが日本側の認識だ。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです