メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

パレスチナ代表部を閉鎖 和平交渉巡り圧力か

 【ワシントン鈴木一生、高本耕太】米国務省は10日、ワシントンにあるパレスチナ解放機構(PLO)の総代表部(大使館に相当)を閉鎖させると発表した。理由として、パレスチナ側がイスラエルとの中東和平交渉に踏み出さず、米国の仲介を拒否していることなどを挙げた。パレスチナ側に圧力をかけ、米主導の和平交渉に応じさせる狙いがあるとみられる。

 トランプ米政権は親イスラエルの立場を鮮明にしている。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は10…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです