改札前で節電対策の減便運行を知らせる張り紙=札幌市中央区の市営地下鉄さっぽろ駅で2018年9月10日午前9時3分、貝塚太一撮影

 北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源地とする最大震度7の地震で、2割の節電を目指す取り組みが10日、道内全域で本格的に始まった。北海道電力(北電)によると、日中の節電率は15%程度にとどまり、ぎりぎりの電力供給の状態が続いた。また、道によると、地震による死者は同日までに41人に上った。厚真(あつ…

続きを読む