メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

1週間も近畿で停電1万戸 なお生活に影響

台風21号の強風による飛来物で損傷した電柱と電線=大阪府貝塚市で2018年9月5日、関西電力提供

 猛威を振るった台風21号の接近から11日で1週間。関西電力管内の近畿5府県では10日も一時1万戸近くで停電が続き、そのうち停電戸数が最多の和歌山県では、多数の倒木が作業の妨げとなり、長引く停電で日常生活に大きな影響が生じている。

 「この1週間、電気がずっと来なかったので、本当に困った」

 10日午後6時現在、約1860戸で停電が続く同県有田川町。夫と高2の息子の3人暮らしの同町粟生(あお)の主婦、笠松一子(いつこ)さん(46)はため息をついた。自宅はオール電化のため4日以降、一切の電気器具が使用不能になった。スーパーで買ってきた板氷を食材と一緒にクーラーボックスに入れ、冷蔵庫代わりに使用。調理にはカセットコンロを用い、入浴もコンロで沸かした湯を水で薄めて体をふいた。10日夕、約1週間ぶりに電力が復旧し、笠松さんは「やっと普通の生活に戻ることができる」と胸をなで下ろした。

 同県紀美野町でも午後6時現在の停電戸数は約1890戸。町立小川小では、水源となっている高台の配水池…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文983文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです