メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪空港

関空代替の増便受け入れへ 地元10市協

大阪伊丹空港=大阪府豊中市で2017年9月21日、本社ヘリから川平愛撮影

 台風21号で浸水被害が出た関西国際空港の発着便を大阪(伊丹)空港で代替するため、国土交通省は10日、国際線を含む1日最大40回(便)の増便、運用時間の夜1時間延長を伊丹の地元10市で構成する「大阪国際空港周辺都市対策協議会」(10市協)に要請した。10市協は12日に方針を決める。増便については容認される見通しだが、運用時間延長は騒音への懸念があり、調整が続いている。

 伊丹は国内線のみの運用で、午前7時~午後9時、1日最大370回と制限されている。ただ、繁忙期は32…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです