メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

アテネの博物館で女が展示物に油かける、「聖書の教え」と供述

 9月10日、アテネの博物館で展示物に油をかけたとして、ギリシャ警察が2人の女を取り調べている。女らは聖書の教えによる儀式だと供述している。写真はビザンチン博物館(2018年 ロイター/Costas Baltas)

 [アテネ 10日 ロイター] - アテネの博物館で展示物に油をかけたとして、ギリシャ警察が2人の女を取り調べている。女らは聖書の教えによる儀式だと供述している。

     報道によると、7月にキリスト教・ビザンチン博物館でイコンや大理石の柱、刻印のある碑などに油汚れが見つかったほか、約1カ月後にはベナキ博物館でも見つかった。

     9日、国立歴史博物館に手が油で汚れた状態の女が連れとともに現れ、職員が警備員に連絡した。

     警察によると、2人は公共資産破損の容疑で取調べを受けている。

     国営のアテネ通信社によると、2人は警察に対し、油には癒し効果があると考えており、遺物にかけるよう聖書が教えていると供述している。2人に破損の意図はなく、1人は宗教団体に所属していると話している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
    2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
    3. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
    4. 「きょうは違う景色に見えた」菜七子騎手、初G1に
    5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです