メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 検証、幅広く 双葉町にアーカイブ拠点計画 福島大教授ら、証言や資料収集

松本哲山さんから東京電力福島第1原発事故後の話を聞き取る福島大の柳沼賢治特任教授(右手前)=福島県葛尾村で2018年9月7日午前10時44分、吉田卓矢撮影

 東京電力福島第1原発事故の教訓を後世に継承するため、福島県が双葉町で計画する「アーカイブ拠点施設」。2020年の開設を目指して資料収集が進む中、県から作業を委託されているのが、福島大うつくしまふくしま未来支援センターの柳沼賢治・特任教授(文化財論)らのグループだ。各地を回り、資料や被災者の証言、写真、映像などを集めている。【吉田卓矢】

 「何の検査もなしに殺処分だなんて、納得いかねえ。牛に家族の生活を守ってもらっていたんだ」。同県葛尾村で牛の繁殖農家だった松本哲山さん(61)は、震災当時の様子を残していた写真を見ながら話した。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです