メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災

福島第1原発事故 検証、幅広く 双葉町にアーカイブ拠点計画 福島大教授ら、証言や資料収集

松本哲山さんから東京電力福島第1原発事故後の話を聞き取る福島大の柳沼賢治特任教授(右手前)=福島県葛尾村で2018年9月7日午前10時44分、吉田卓矢撮影

 東京電力福島第1原発事故の教訓を後世に継承するため、福島県が双葉町で計画する「アーカイブ拠点施設」。2020年の開設を目指して資料収集が進む中、県から作業を委託されているのが、福島大うつくしまふくしま未来支援センターの柳沼賢治・特任教授(文化財論)らのグループだ。各地を回り、資料や被災者の証言、写真、映像などを集めている。【吉田卓矢】

 「何の検査もなしに殺処分だなんて、納得いかねえ。牛に家族の生活を守ってもらっていたんだ」。同県葛尾…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文925文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです