メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

漫画家・柴門ふみさん 憧れた「文化の中心」

漫画家の柴門ふみさん

 田舎の中学生だった頃、庄司薫さんの芥川賞受賞作「赤頭巾ちゃん気をつけて」を読んで、東京の生活に憧れました。主人公は都立日比谷高校3年の薫君。山の手のおぼっちゃんで頭が良くて、ちょっと繊細。受験予定だった入試が東大闘争で中止になって悩みます。あの小説の印象が強くて、東京というと下町でなく山の手が私のイメージでした。

 高校まで徳島市にいて、テレビで見る東京の文化に飢える日々。田舎には映画も来ないし、コンサートもない…

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 福岡市 ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです