連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

関東大震災から95年 虐殺された朝鮮人の遺族来日 否定の動き、ヘイトスピーチ続く中…伝える努力に希望

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関東大震災から95年の今年、震災直後のデマで虐殺された朝鮮人の遺族、権在益(クォンジェイク)さん(62)と曹光煥(ソガンファン)さん(57)が韓国から来日した。事件ゆかりの地を訪ね、各地の追悼行事に参列しながら、市民と交流を重ねた。初めて日本を訪れた2人は、2代前の祖先が犠牲になった地を踏んで、何を感じたのか。【井田純】

 「昨晩は眠れず、亡くなった祖母や母のことを思い出したり、警察署の中で殺された祖父のことを考えたりしていました」。権さんは9日、群馬県藤岡市にある成道寺の境内でこう話した。この日は地元住民が20年以上続けてきた慰霊祭が営まれた。権さんらは韓国の風習にのっとった儀式で霊をなぐさめ、故郷の土を慰霊碑の周囲にまいた。

この記事は有料記事です。

残り2418文字(全文2736文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集