メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦順位戦 石田直裕五段-渡辺大夢五段 第3譜

同じ進行

 渡辺は大の巨人ファンで知られる。三段時代には同い年の坂本勇人選手の活躍に刺激を受けたという。渡辺は10年以内にC級2組に上がらないと引退が待ち受ける、つらいフリークラスからの出発だったが、苦しい時代も心の支えだったに違いない。

     図では「[後]2二銀と引く手も考えた」渡辺だが、本譜は[後]4四銀と出る。この進行は7月10日に行われた棋聖戦五番勝負第4局の[先]羽生善治棋聖-[後]豊島将之八段戦(肩書は当時)と同じである。ともに研究していないわけがない将棋だ。(椎名龍一)

     <44~62手>

              [後]4四銀 13

    [先]2四歩  3 [後]同歩   1

    [先]同飛   1 [後]2三歩  1

    [先]2九飛  1 [後]6五歩  6

    [先]同歩  39 [後]7五歩  9

    [先]6九飛 33 [後]7六歩 18

    [先]同銀   1 [後]8六歩

    [先]同歩   1 [後]同飛

    [先]8七金    [後]8一飛

    [先]8六歩  2 [後]6七歩 38

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです