メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 熊本で大学の保護者組織の催し物があり、その機会に渡辺京二さんにお目にかかった。法政大学のホームページ上にある対談シリーズ「法政オンライン」に出ていただくためと、熊本市民の皆さんの前で対談をするためである。渡辺さんは私が敬愛する思想史家であり、誇りに思う法政大学の卒業生なのである。

 1998年に刊行された渡辺さんの「逝きし世の面影」は、江戸時代日本のイメージを一変させた。すでに80年代に私自身も含め、江戸文化をそれまでとは異なる視点から捉えるようになっていた。その動きに対しては「封建制度の日本を評価するのか」という批判が起こり、「明るい」などと一度も書いたことはないが、「江戸時代を明るい時代とした」とも攻撃され…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです