メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目は語る

9月 動乱期の浮世絵師・月岡芳年 動き写し出す卓越した画技=高階秀爾

月岡芳年「藤原保昌月下弄笛図」大判錦絵三枚続、1883年

 月岡芳年(よしとし)(1839~92年)と言えば、凄惨(せいさん)な殺戮(さつりく)の場面をどぎついほどの強烈な表現で描き出した「血みどろ絵」の作者という印象が強い。事実、幕末から明治維新にかけての動乱の時代に、歌舞伎の「夏祭浪花鑑」や「東海道四谷怪談」、あるいは講談や軍記物の講釈などの大衆娯楽の世界から特に「殺し」の場面を選び出して絵画化した「英名二十八衆句」や「魁題(かいだい)百撰相」などのシリーズが芳年の名前を「血みどろ絵」と結びつけてしまったことは確かであろう。

 しかし、芳年の画境はそれだけではない。同じ頃、師の歌川国芳から学んだ壮麗な源平合戦図や、当時の人気…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです