メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念展

大阪・正木美術館50周年 書画の優品、感じ楽しむ

 大阪府南西部、忠岡町の住宅街にある正木美術館は今年、開館50周年を迎えた。東洋の古美術を中心とした収蔵品約1300件には国宝3件、重要文化財13件が含まれる。私設の小さな美術館としては驚くべきコレクションで美術ファンには知られているが、大阪市中心部から離れた立地事情もあり一般的な知名度はまだ低いという。開館50周年記念として今月始まった名品展「一片開花」は、広い層に関心を持ってもらいたいと美術館が知恵を絞った。

 担当したのは、勤務4年目の原山詠子学芸員(32)。重厚なコレクションを前に圧倒される中、東洋古美術…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです