メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念展

大阪・正木美術館50周年 書画の優品、感じ楽しむ

 大阪府南西部、忠岡町の住宅街にある正木美術館は今年、開館50周年を迎えた。東洋の古美術を中心とした収蔵品約1300件には国宝3件、重要文化財13件が含まれる。私設の小さな美術館としては驚くべきコレクションで美術ファンには知られているが、大阪市中心部から離れた立地事情もあり一般的な知名度はまだ低いという。開館50周年記念として今月始まった名品展「一片開花」は、広い層に関心を持ってもらいたいと美術館が知恵を絞った。

 担当したのは、勤務4年目の原山詠子学芸員(32)。重厚なコレクションを前に圧倒される中、東洋古美術…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです