メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念展

大阪・正木美術館50周年 書画の優品、感じ楽しむ

 大阪府南西部、忠岡町の住宅街にある正木美術館は今年、開館50周年を迎えた。東洋の古美術を中心とした収蔵品約1300件には国宝3件、重要文化財13件が含まれる。私設の小さな美術館としては驚くべきコレクションで美術ファンには知られているが、大阪市中心部から離れた立地事情もあり一般的な知名度はまだ低いという。開館50周年記念として今月始まった名品展「一片開花」は、広い層に関心を持ってもらいたいと美術館が知恵を絞った。

 担当したのは、勤務4年目の原山詠子学芸員(32)。重厚なコレクションを前に圧倒される中、東洋古美術…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1229文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです